うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

思い掛けなくボリューミーな牛タンと、やわっ!と思わずつぶやいたテールスープのランチを「地雷也」で食す

イメージ 1
牛タンが世に出たのは戦後食糧難の時代だったそうですね進駐軍アメリカ人は牛肉をたくさん食うものの舌やしっぽは捨てていたらしく、自然、それが日本人に回ってきたとのこと。それによって牛タンとテールスープは「セット料理」になったらしいですね。ちなみに麦メシも、食糧難で十分な米が無かった時代背景が影響しているとか食文化に歴史あり、です。
イメージ 2
さて肉です無性、といえば肉、肉といえば牛ですね今回は「地雷也」という居酒屋さん?の牛タンランチをいただきに行って参りました。出てきてびっくり、あんらまあ、けっこうなボリュームではございませんか
イメージ 3
ボリューミーで食い応えのある牛タンはとてもやわらか。どんどん箸が進みます正直、ここまでのボリュームは期待していなかったので満足満足。
イメージ 4
上で触れたうんちく通り、牛タンにはテールスープが付き物でして、これがまた思わず「やわっ!」とひとりつぶやいてしまいましたボリュームのある牛タンと、超やわらかテールで肉大満足の「地雷也」の牛タンランチでした。ごちそうさまです
 
 
「地雷也」
函館市本通2-13-25
イメージ 5