うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

麺厨房あじさいと言えば「塩」、そこであえてカレーらーめんという選択もまた別次元の美味しさが楽しめる

イメージ 1
函館の麺厨房「あじさい」と言えば言わずと知れた「塩」ですよね私も初めて食った時は衝撃的でした。こんなに香ばしく濃厚な「塩」って何?というのが私の実感です。以来、例にもれず私もすっかりあじさいのファンになりました。
イメージ 2
そして、某芸能人が美味い!と言って?ブレイクしたのかどうかは解りませんが、アバンギャルドな「味彩加里らーめん」。私も以前、友人に勧められて試してみました
イメージ 3
たしかに美味いでもなんだろう、私的にはラーメンという概念を超えていて、これまたラーメンとは別モノのジャンルとして考えた方が自然じゃない?と思うような不思議な美味さでした。以前も記しましたが、あじさい行って塩以外を注文する時の難しさ、勇気、そして葛藤。これを越えた先にこういったカレーらーめんがあり、味噌らーめんがあり、はたまた四川麺があったりするワケです何を食べても失敗しない絶対領域のラーメン屋さん、たまに観光客気分で利用させていただいてます
 
 
麺厨房「あじさい本店」
函館市五稜郭町29−22
イメージ 4