うめじろうのええじゃないか!

貧困中年のサバイバル日記

空港の手荷物検査場でパスブックをスキャンしたらiPhoneが壊れた・・・。

イメージ 1
先日の帰省時の話。例によってiPhoneのパスブックに入れたチケットを手荷物検査場でQRコードをピッ!っとかざして入場。その後、出発ロビーでWEBをチェックしようとiPhoneを手に取るとパスブックの画面のままブラックアウトしてかたまってる・・・。え?・・・ホームボタンも効かないし、画面を触っても何も変化がない。ブラックアウトしてるもののよーく見るとうっすらチケットの画面が見えているので「パスブックの画面のまま」がわかるのだ・・・やべっ・・、搭乗する時どうすんのよ・・??焦ってとりあえず再起動してみようと試みる長押しして暗い画面に電源オフのバーは出てくるのだが、スワイプが利かない・・タップしてもスライドしても何の操作も効かない。キャリアにヘルプの電話も出来ないし、もはや私は音信不通。こんな状態になると、ボタンの無いスマホはなおさら無力に思えてくる・・・あーこりゃまいったいずれにしても飛行機降りたらまずケータイショップに直行か?否、ショップに駆け込んだ所で修理云々時間もないし、即機種変?いやいや、そんな予定外の出費は痛過ぎる、そうとなったら別キャリアに乗り換えか?等々、焦って混乱する頭そして諦めの境地に・・壊れたモンはどうしようもない・・、いやはや、こんなこともあろうかと思って?念のため紙に印刷したQRチケットがバックに入っているはずだ・・。とりあえず搭乗はそれで何とかなるだろう、ケータイの事は帰って来てから改めて考え直そう・・と、無意識に長押しスワイプしてみたら・・・あ、暗い中でバーが動いたそして再起動が掛り、その後普通に動くようになったのでした・・・ふー・・・。。。
ちなみに、帰路も手荷物検査場でのスキャン時に同じ事になるかも知れないと不安でしたが、めげずにスキャン!その後すぐにチェックしてみましたが大丈夫でした。まったく、わかっちゃあいることですがいくら世界に冠たるハイクオリティなマシンだとしても、所詮機械は機械。改めて、「アナログなバックアップ」の大切さを感じたのでした。あのタイミングでiPhoneが復活していなければ、上記十和田湖の写真も撮る術はなかったワケであります直っていがったです。。