うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

その他歴史

建仁寺@京都2020

この日は京都最古の禅寺だという「建仁さん」こと、建仁寺を訪れました 今日は史跡巡りでもなく、観光でもなく、単に用足しに来たのですが・・、その足で建仁寺を訪れることになり、カメラは持ち合わせていませんでした・・。スマホでの撮影です・・。 建仁寺は建…

三千院@京都2020

さあ、いよいよ「三千院」です。一般的には、「三千院に行ってきたよ、素晴らしかったワ」というお話になるんでしょうけど、私の場合はここよりもまず「血天井」の宝泉院、それから、激ヤバ寺だった勝林院にむしろ時間を要しまして・・^^;、行楽の最後に肩肘張…

「証拠の阿弥陀さま」勝林院@京都2020

♪京都~大原三千院という唄があるようですが、その三千院を通り越して更に奥へ進んだ所に、「勝林院」があります。ご周知、「大原問答」で有名なお寺です。今回私は、その宿坊であったという隣接する「宝泉院」の血天井を見学に訪れまして、そのついでに、お…

宝泉院@京都2020

先日、京都の養源院を訪れて、「血天井」にまつわる歴史に触れ、俄然興味が湧いてしまいました。京都にいくつかあるという「血天井」ですが、たまたま大原三千院を訪れた際、「宝泉院」に出会い、ここにも伏見城の戦いで自刃した武士の「血天井」があるとい…

特別史跡「キトラ古墳」@奈良2020

こんばんわ、久々に、「古墳deGO!」のお時間でございます(^^)今回、奈良を訪れたのは、こちらが目的では無かったのですが、何も知らずにキトラ古墳を訪れて、まさかこんな素晴らしい機会に出会えるなんて思ってもみませんでした!国宝「キトラ古墳」の公開…

三十三間堂@京都2020

先月のシルバーウィークには、各地でかなりの人出が戻っていたような報道もありましたが、それを契機につい直近ではもはや人出は完全に戻っていますね・・。確かに外国人の姿は少ないですが、日本人の動きはもはや以前通り、といった感じです・・。しかし、私が…

養源院「血天井」@京都2020

先月から、ちらほらと、自身のライフワークとも位置付ける歴史散策を、再開したワケでありますけれども、京の都におけるあの、外国語飛び交う喧騒はどこへやら、こと私個人的には非常に落ち着いて散策が出来るという意味においては、非常に歩きやすい状況が…

「御上神社」@滋賀2020

「蝦夷富士」と言えば我らが羊蹄山の別称ですが、各地に「〇〇富士」と呼ばれる山があると思います。滋賀に移住してまず目に付いたのが「三上山」、通称「近江富士」です。羊蹄山が標高1898に対し、三上山は432という事で非常にミニマムな山ですが、実際の標…

「歌川広重展」@佐川美術館2020滋賀

滋賀県は守山市の「佐川美術館」を再訪いたしました。 昨年は、「名刀は語る 美しき鑑賞の歴史」展に行きましたが、二回目。今回はこれまた興奮!「歌川広重」展です!! 「歌川広重」はちょうど秋田から引っ越しをするタイミングで、「二つの東海道五十三次…

「神原神社古墳」@出雲2020

みなさんこんばんわ。古墳deGO!のお時間でございます!笑 いよいよ今回で、古墳deGO!も最終回、ここまでお付き合いお疲れ様でございました(^^)ご興味の無い方はスルーしてくださいね!笑 最終回を飾るのは、「神原神社古墳」です!先日の、加茂岩倉遺跡の…

「今市大念寺古墳」@出雲2020

さあ、古墳deGO!の時間です!(まだ続くんかい・・笑)あと二回くらいで終わりますので、ご興味がある方以外はスルーしてください^^; さて、訪れたるは「今市大念寺古墳」です!なんと、お寺の敷地に古墳があるんですね・・。失礼して墓地を行くと・・「古墳」の…

「上塩冶地蔵山古墳」@出雲2020

こんばんわ、「古墳deGO!」のお時間がやって参りました!(まだ続くんかい・・!笑)まだまだ、続きますよ~笑 本日の古墳は、「上塩冶地蔵山古墳」です。もう完全に一般住宅地・・。車すら入っていけない狭い道です・・・。最初、ナビに沿って近場まで行くも、は…

上塩冶築山古墳@出雲2020

こんばんわ、古墳deGO!のお時間がやって参りました(笑 ついに古墳にまで行ってしまった「幕末人」うめじろうです・・笑 否、もちろん、まったく知識などございません・・。まったくの一般的興味があるのみです・・。 さて、今回の古墳は出雲市上塩冶町築山の「上…

「出雲弥生の森博物館」@出雲2020

西谷墳墓群史跡公園を見学してから、隣接する「出雲弥生の森博物館」へ向かいました(2020年2月の記事です) 館内にはたくさんの小学生?が学習に来ていまして、学芸員の方にでしょうか、引率の先生と共に説明を受けていました。子供たちのワクワク感がこち…

西谷墳墓群史跡公園@出雲2020

さて、出雲古代史浪漫を巡る旅、第三回は「西谷墳墓群史跡」です!いよいよ古墳時代ですね! 「西谷墳墓群」は宍道湖と西側の海のほぼ中央に位置する小高い丘にあり、大小6つの四隅突出型墳丘墓が集まっています。昭和47年(1972)年に最初の四隅突出型墳丘…

加茂岩倉遺跡@出雲2020

さて、出雲古代史浪漫の旅、第二回目は「加茂岩倉遺跡」です! 幕末ファンとしては、「岩倉」などと聞くと思わず、おおっ・・!!と思ってしまうのですが・・笑、今回は幕末ではありません、古代史です! ここは平成8年(1996)、山中谷あいの農道工事中に、斜面…

荒神谷遺跡@出雲2020

さあ、みなさん、一緒に古代史浪漫を旅しませんか? 2020年2月に旅した出雲。古代史浪漫に触れる旅です。まず、今回ご紹介するのが「荒神谷遺跡」です! 私が訪れたこの時期、東京上野は国立博物館にて開催されている「出雲と大和」展に多くの史料が「出張中…

「生きている出雲王朝」をゆく@出雲2020

こんばんわ、由緒正しきおっさんの在り様、「司馬遼太郎をゆく」です。笑 今回は司馬遼太郎「歴史の中の日本」(中公文庫)の一項、「生きている出雲王朝」です。司馬先生の親しい新聞記者が、出雲の「カタリベである」ことを知るところから物語は始まります…

出雲大社@出雲2020

先月の「ちょいと出雲へ。」の続きを、ようやくUPです^^; 大阪から空路で、出雲縁結び空港へ。宍道湖を眼下に飛んでます。気のせいか、出雲の空は神々しいというか、一種異様なムードに思えたのは私の妄想力のせいでしょうか・・笑 一瞬で、出雲エアポートに着…

伊藤博文銅像@京都2019

あっ・・!千円札・・!と、一瞬思ってしまった「ド昭和」なうめじろうです・・。 こんなところに伊藤博文の銅像なんてあったっけ・・?と思ったこの銅像、京都ホテル創業者の前田又吉翁と、親交が深かった伊藤博文の銅像のようです ここは、そう、長州藩京屋敷跡地…

王将の焼きそば

こんばんわー、うめじろうです。今日は王将で焼きそば買ってきましたー(*^_^*)432円 あー、こういう焼きそばって久しぶりに食べたような気がします(^^)!なんだかとっても懐かしい味!美味しいです♡絵には無いですが、myブラックペッパーふりふりして、更に…

秀吉を祀る「豊国神社」@滋賀2019

滋賀県は長浜駅から近い、豊国神社です。観光スポットの黒壁スクエアからも近いですよね。こちらの神社は豊臣秀吉を祀る神社とのことです。 神社入口には秀吉に仕えていたという、加藤清正公の像が 清正公で思い出すのは、石狩の弁天社に掲げてあった「清正…

石田神社@滋賀2019

滋賀県長浜市は石田町。石田三成出生地である「石田会館」からほど近く、八幡神社があります その奥にある「石田神社」 この神社に、石田三成公一族の供養塔が建立されていました 説明書きによりますと、昭和十六年、故意に破壊された多数の五輪塔が八幡神社…

石田三成産湯の井戸@滋賀2019

滋賀県は長浜市石田町。石田三成出生地界隈に、「石田三成産湯の井戸」がありました 説明書きによりますと、永禄三年(1560)屋敷北側にあったとされ、三成の産湯の水を汲んだとされる井戸だそうです。 石田会館からは少し離れた場所ですが、この界隈一帯が…

石田三成像@石田会館2019滋賀

滋賀県長浜市石田町にある「石田会館」。その庭先に置かれている石田三成像です

石田会館@滋賀2019

石田三成の出生地、滋賀県は長浜市石田町「石田会館」を訪れました。 おおっ・・、この感じ・・。北海道っぽい・・(笑 なんだかホッとしますね・・苦笑 「石田三成公屋敷跡」碑。この界隈に屋敷があったとみえて、当時の大きな敷地にあったのでしょう、「石田町」と…

明智光秀一族菩提寺(西教寺)@滋賀2019

明智光秀ゆかりの地、「西教寺」を訪れました 毎度のことながら、NHK大河ドラマの影響力はすさまじい・・・。大々的に「麒麟がくる」ののぼりがはためいていました。 境内の奥まで歩いてゆくと、本堂の前にひらけた場所にありました。 明智光秀とその家族の墓。…

日吉大社@滋賀2019

由緒正しきおっさんの愉しみ方、「司馬遼太郎・街道をゆく」をゆく、です(笑 今回訪れたのは、日吉大社です。叡山のような山なみを、ブラタモリ的地質学的な言い方としては「地塁」と呼ぶそうですが、上代、土地の人々はこの山を「ひえ」とよんでいたそうで…

穴太の石積み@滋賀2019

司馬遼太郎をゆく、由緒正しきおっさんの在り方です(笑 今回は大津市坂本、「穴太の石積み」です。日吉大社に向かう坂道には水道が流れ、その両側は里坊を囲むように美しい石垣が組まれていました。「穴太築き」といわれるものらしいです。 自然の石を、そ…

坂本城跡@滋賀2019

元亀二年(1571)比叡山焼き討ちの直後に、明智光秀に水城を築かせたと言いますから、山門の監視という面も大きくあったのでしょうか。 この辺りに坂本城があったようです。明智光秀がこのあたりの支配を信長に命じられていたのでしょう。 ちなみに、坂本龍…