うめじろうのええじゃないか!

貧困中年のサバイバル日記

2014-08-18から1日間の記事一覧

本間精一郎遭難之地@龍馬をゆく2006

幕末動乱の京の街は物騒な事件だらけ。文久2年、越後浪士、尊皇攘夷の急進派である本間精一郎が暗殺された。 下手人は土佐の「人斬り」岡田以蔵とも、薩摩の田中新兵衛とも言われており、本間の首は四条河原に晒されたという。 その時のものと言われる刀痕。